ムダ毛を剃ったり抜くと濃くなるって本当なのか?

ムダ毛の処理をしている多くの人が「なんか濃くなった」と感じています。
それは一体何故なのでしょうか。
もちろん、濃くならないと思っている人も少数ですがいるようです。
どうして、濃くなったと感じてしまうのか根拠を調べてみました。
まず、濃くなる意見も濃くならない意見もどちらも正解です。
カミソリなどをつかって剃って処理をした場合ですが、元々の毛は先に向かって細くなっていて根元が太くなっています。
それを、カミソリで剃って処理をすると剃った断面は先が細くならないので、それが伸びてくると毛が太く濃くなったように
見えてしまうのです。
一方で、毛抜きをつかって処理をした場合、毛根への刺激は大きいですが表皮にはダメージがあまりありません。
そのうえ、毛根へのダメージが大きいので生えにくくなるという報告もあります。
これを聞くと毛抜きを使えば良いと感じるかもしれませんが、毛根への刺激が大きいため毛穴トラブルの原因にも
なってしまいますので注意しましょう。
剃ったり抜いたりしたからといって濃くなるという医学的な根拠はありませんが、剃った場合は伸びてきた時に
結果的に濃く見えてしまうということが分りました。
また、ムダ毛の処理を行う年齢が、ちょうど成長ホルモンが活発に分泌され体毛が濃くなる時期と重なっていることもあり
そのせいで余計に濃くなったと感じる人が多くなっています。

ムダ毛の処理は少なくとも肌への刺激になりますので、あまり神経質になりすぎずに処理をしなくても良い日は
行わずにタイミングをみて処理を行うようにすると良いと思います。